顎変形症の学会発表をしてまいります。

 こんにちは!医長です。

今週、日本顎変形症学会という学会で発表をしてまいります。

はて。。。顎変形症?と初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。

 

 顎変形症は、顎の骨の形・大きさの異常や位置・バランスの崩れが原因でおこります。顎のバランスが崩れているので、見た目の問題だけではなく、かみ合わせがわるくて上手く噛めない、話しづらいといった症状などの機能の異常を生じることがあります。顎変形症には、上顎前突症・下顎前突症・開咬症・非対称症などの種類があげられます。

一つの例を挙げて説明します。