スギ花粉

17日に春一番が20日に春2番が吹き荒れ 春の足音が聞こえてきました。と、同時にスギ花粉も一気に飛び出しました。 スギ花粉にアレルギーのある私は2月上旬には薬を飲み始めていますので、今のところ目立った症状は出ていません。私の場合は3年前からジルテックを飲んでいます。一日に1錠でいいですし眠気もほとんど感じません。夜寝る前に服用しているので余計にそう感じるのかと思います。 今年の関東甲信越の飛散予測は例年の70%くらいでやや少なめの予報ですが、それでも3Kの日は(高温 乾燥 強風)大量に飛散しますので、注意が必要です。花粉症対策としては とにかく花粉を体内に取り込まないことです。メガネ マスクはもちろん意外に髪の毛に付きやすいので帽子を被り更に髪の長い場合はまとめ髪にして帽子の中に入れてあげましょう。そして 室内に入る前によく花粉を払い落としてから入るようにしましょう。ご自身が花粉症でなくとも、家族や同じ屋内にいる方たちの為にも花粉を払い落とすことはマナーの一つになればいいなと思っています。 花粉症の薬といえば症状を抑える対処療法がメインですが、2014年に厚生労働省が承認した 舌下免疫療法 は全く新しいお薬です。 もともとアレルギーの治療法の一つにアレルゲン免疫療法があります。主に皮下にアレルギーのもとになる物質を少量ずつ注射する皮下免疫療法でした。しかし、舌下免疫療法はアレルギーの原因物質である花粉を原料としたエキスを舌下に一日一回投与して アレルギー反応を弱めていくという治療法です。 定期的な通院以外は毎日自宅で治療でき、根本的な症状改善につながるため注目の治療法です。 ただスギ花粉のシーズン中は治療が始められません。だいたい6月から10月の間に始め、2年から3年の間毎日投与し続けなければなりません。12歳以上が対象となります。治療を受けられる医療機関も限られています。 毎年 日常生活に支障が出るほどの花粉症の方はトライしてみてもよろしいかな?と思います。

20160204233901