またまた、睡眠の話です。院長

昨今、年配のドライバーによる悲惨な交通事故のニュースがほぼ毎日の様にメディアを賑わせておりますが、集中力や反射力の低下や悩そのものの機能低下また、他の疾患のために服用している薬の副作用による眠気など細かく理由について探っていくときりがないほどです。そこで昨年一回乱読した睡眠にかかわる書籍を今度は少し丁寧に目を通したところ大変読みやすくその項目のタイトルをみるだけでも、勉強になるような気がしてきます。タイトルは睡眠といえばスタンフォード大学と巷間言われておりますように、ズバリ「スタンフォード式最高の睡眠・スタンフォード大学医学部教授 西野 精治 著」でサンマーク出版より発売中です。