大哺乳類展2

こんにちは、小島です。

先日、上野の国立科学博物館で開催している、大哺乳類展2に行ってきました♪

剥製や骨格標本が500点以上も展示されていて、見応えがありました!

中でも特に気になったのが、頭骨と歯の骨格標本のコーナーです(^^)

草食・肉食・吸血食・魚食・昆虫食・雑食など、主食によって分かれて展示されています。

どの歯もそれぞれ食べやすいように進化して、見ていて飽きないのですが、私のお気に入りの歯は、象です(*‘∀‘)ノ

象の特徴的な象牙は第2切歯が発達したものですが、それを除く歯は、上下左右合わせて4本しかありません!

1本1本の大きな歯には、菱形や皺のような溝があり、葉や草をすり潰して食べています。

 

象によっても、歯の溝が全然違いますね!ずっと眺めていられます(*‘ω‘ *)♪

大哺乳類展2は6/16(日)までの開催ですので、是非行ってみてください!

https://mammal-2.jp/