12. 7月 2021 · ワクチン接種 はコメントを受け付けていません · Categories: 未分類

こんにちは、副院長の真由美です。

東京都は4回目の緊急事態宣言になってしまい、千葉県もまん延防止等重点措置が出たまま夏休みですね。デルタ株の脅威にさらされている中のオリンピック、千葉県での開催競技も楽しみにしてはいたのですが、やはりテレビ観戦ですね。

当院でも 医療従事者枠でのワクチン接種に行ってきました。千葉県歯科医師会を通じての接種でしたので、千葉市中央区道場にある斎藤労災病院が指定接種場所でした。

一回目が6月4日、利き腕ではない方がおすすめとの事で左腕に打ちましたが、接種一時間後くらいからだるい感じでした。先に接種した友人たちから早めに鎮痛剤を飲むことを勧められていましたので、昼食後に鎮痛剤(アセトアミノフェン)を飲みました。就寝時にも服用しましたが、寝返りで左腕が下になると痛いと目が覚め、翌朝はやはり腕が上がらない状態でした。着替えが結構不自由でしたね。土曜日で診療していましたが、腕を上げる動作はないので、さほど困ることはありませんでした。2日後の日曜日には全く症状もなくなりました。

2回目は3週間後の6月25日、皆さん2回目の副反応の方が強く出るとのことでしたので(予診の先生も僕も38度の熱が出たんだよ、と仰っていて…)かなり恐怖を感じていたのですが、当日はだるさ腕の痛みはありましたが翌日は何もなく、普通に診療もできました。拍子抜けするほどで、抗体できないのでは?と逆に不安になるほどでした。

世間で言われているように、20代の助手さんは、ひどい副反応で2回目の翌日はワクチン休暇となりました。因みに院長はどこも痛くない!とさみしそう(?)でした。
本当に副反応は個人差が大きいと感じました。

ちょっとほっとした部分もありますが、感染対策はまだまだ重要です。

昨日の夕方はすごい雷雨でした。雨上がりに家の窓から大きな虹がみえてちょっぴり幸せ🌈