こんにちは。飯島です。

先日読んだ記事が印象的だったので、ご紹介します。

その記事は「よく噛んで窒息事故を防ごう!」というタイトルでした。

食品による窒息で死亡する人は年間4000人以上で、交通事故よりも多いそうです。

窒息事故の原因は

①食べる機能の発達減退:子どもや高齢者は食べる機能が成人よりも低いこと

②気管の直径:大人は約2㎝なのに対して、小さい子どもは1㎝未満のため、小さい食品でも容易に気管がふさがれてしまう

窒息の原因となる食べ物は1位もち、2位米飯、3位パンだそうです。

窒息事故を予防するために

①一口の量は多くしない

②よく噛む(いつもより5回多く噛むことを意識し、目標は一口30回噛む)

③食べることに集中し、飲み込んでからおしゃべりする

また、よく噛んで食べることは肥満の解消・予防にもなるそうです。

食事のときはしっかり噛んで食べることを意識してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>