花粉症

こんにちは、真由美です。

二月も後半に入り スギ花粉の飛散が始まっています。
今年は例年の1.2倍という予想も出ています。
私も2月初旬から、薬を飲み始めていますので今のところさほどつらい症状は出ていません。私はジルテックという薬をかかりつけ医に処方してもらっています。一日に一回で眠気もあまり出ずに私に合っているようなので、毎年ジルテックで乗り切っている感じです。

新しく貼るタイプのお薬が出ました。アレサガテープという経皮吸収型のアレルギー性鼻炎治療薬で、久光製薬から出ています。一日に一度張り替えていくもので、皮膚から少しづつ薬剤が吸収されていき、血中濃度が安定するのが特徴です。お医者さんに処方してもらう必要があります。

また、減感作療法(アレルゲンを少しづつ体内に入れてアレルギー症状が出にくくしていきます)のお薬も新しく出てきました。

大分前にシダトレンという液体のお薬が出ましたが 昨年シダキュアという錠剤が出ました。こちらは5歳~11歳の小児に使えるところが特徴です。最近は子供に花粉症が見られることが増えてきました。小児で花粉症を発症してしまうと、その後口呼吸などの悪習癖に繋がりやすくなります。減感作療法は年齢が若い方が効果も出やすく長く続くと言われています。もちろんお医者さんの管理の元に行う必要がありますが、今後受験などの事を考えると検討してみる価値はありそうですね。