こんにちは、中村です。

9月も下旬になってきて、食卓の食材も秋の味覚の物がおおくなってきましたね。

もうすぐ秋分の日で、昼と夜の長さが同じになります。

これからどんどん日が短くなっていきて寒い季節になってくると考えると、冬が苦手な私にとっては少し憂鬱です。

秋はインフルエンザの予防接種の季節でもあります。

すでに全国各地でインフルエンザで学級閉鎖になっている地域もあるとのことですが、

今年のワクチン接種は例年通り10月上旬開始予定とのことです。

インフルエンザのワクチンは残念ながら感染を完全に抑えることはできませんが、

肺炎などの合併症などを軽くしてくれる可能性があるとのことです。

妊婦さんでも打てますので、皆さんしっかり計画して接種できるといいですね。

来週の診療日休診日のお知らせです。

9月24日(診療日

9月25日(火)~27日(木)休診日

 

3連休となりますので、装置が入らない・緩い、装置が外れたり、ワイヤーが当たって痛いなど

ありましたら、早めにご連絡下さい。

 

 

 

こんにちは、米井です。

もうすぐ十五夜ですね。今年は9月24日ですよ。ススキを飾り、お団子をお供えし、月を見る…

みなさんはお月見しますか? 私は毎年おやつにお団子を食べ、お月様を一応確認します(^▽^)

毎年そんな感じだったので子供の「なに?」に答えられずお月見について少し調べました。

「中秋の名月」とは、旧暦8月15日に出る月の事で旧暦の秋は7~9月だったので、その真ん中の日が8月15日になる為、「中秋」と呼ばれるそうです。この時が月がとても美しく見えお月見をするのに最も適してる日なのだとか…

旧暦の日付は新暦に直すと毎年ズレが生じるため、十五夜の日付は毎年違うそうです。

お供えの風習は月の満ち欠け等を見て農耕を行っていた農民たちが収穫への感謝と豊作を祈るお祭りとして広まったそうですよ。

ススキ…神様の依り代と考えられ悪霊や災いから収穫物を守り、翌年の豊作を願うという意味があるそうです。稲穂に見立ててという話もあります。ススキには魔よけの力があるので、捨てずに軒先につるしたり、庭や田んぼにさしたようです。

お団子…これからの収穫を祈るということで収穫物であるお米のお団子をお供えする、穀物の収穫に感謝を表すため昔は里いもなどもお供えされていたようです。まん丸なので満月に見立てたとも…

軽く調べただけですが意味や昔の人の生活を考えながらの今年の十五夜はいつもと少し違う月が見れそうです(^▽^)

 

 

 

 

 

今日は、院長の小倉です。

今朝方は、超大型の台風の影響によると思われる激しい雨音と先日スタッフと一緒に体験した消防庁主催の災害シュミレーションである風速30m/secに勝るとも劣らない風音、おまけに朝5:00時頃には  震度4の妙に長い第一波、留めとばかりに雷の集中打を布団の上で只々次に何か起こったら動こうと思いながらぼーっとしておりました。

枕元にタブレットがあったので台風について見たところ台風の名前の着け方の気象庁versionは、毎年1月1日以後初めて発生した台風を1号とするそうですが、このスタイルをとっているのは日本くらいで、殆どの国が人の名前や動物の名前などを北西太平洋及び南シナ海で発生する台風に命名するようになっています。

因みに決定するのは,アメリカ、日本を初めとした14か国からなる台風委員会ですでに台風の名前も決まっており140の中から順番に決めて行くそうです。日本が命名した台風名は、全て星座の名前に統一してあるそうです。どうやら風は残るものの、雨は大丈夫そうですね。

但しここ千葉市では東京湾湾口で台風の後などに20m近くの南南西の風が吹くことが多く、そうなると多くの羽田着の旅客機が木更津方面から高度を落として、超低空で飛んで行くのがラッシュ時になると1分間に2機位の間隔で目に入ってきます。どこの航空会社だろうと最近はLCCも便数が増えてきたので、わたしには楽しみです。

特にどこと言わずこの夏に被災された全ての方にお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。飯島です。

皆さんは夏休みにどこかに行きましたか?私は先日、仙台に行ってきました。観光ではなく、勉強会に出席するためですが…。到着した日に食べたキンキがとても美味しかったです。

IMG_0187

仙台といえば牛タンやずんだなど美味しいものがたくさんありますが、お土産の定番は萩の月ではないでしょうか。現在販売されているのはカスタード味だけですが、以前はチョコレート味もあったそうです。宮城出身の後輩から、普通に食べても美味しいけれど、ちょっと凍らせるとまた違った食感が味わえると教えてもらいました。今度やってみようと思います。興味があるかたはやってみてくださいね。

 

こんにちは。 ふじのです。

 

8月11日()は祝日ですが、診療しております。

8月12日()~16日(木)は夏季休診です。

 

装置が外れた、ワイヤーが当たって痛い、取り外しの装置が入らない・すぐ外れるなど

調整が必要ですので、早めにご連絡下さい。

 

9月~11月は、学会・講習会などがあり、休診する日がありますので

ご確認お願い致します。

 

9月の診療日休診日

9月24日() 診療日

9月25日(火)~27日(木) 休診日

 

こんにちは、歯科助手の加藤です。

突然ですが、唾液がよく飛ぶことが気になっていたり、また、よく唾液が飛ぶ人を見かけたりすることはありますか?

今日はその原因について、真由美先生から教えて頂いたことを書きたいと思います。

 

原因

1. 口輪筋の未発達

口輪筋とは口の周りの筋肉で、表情を作る役割を持つ筋肉です。この筋力が弱いと、口元がポカンと開きやすく、口呼吸に繋がります。口呼吸の何がいけないかというと、ドライマウスによる歯肉の腫脹や口臭だけでなく、歯並びにも影響が出てきます。舌による内側からの圧力と、唇やほほによる外側からの圧力のバランスが崩れます。外側からの圧力がかからなくなるため、上顎前突(出っ歯)などになりやすいと言われています。

口輪筋の筋力チェックや鍛え方について記述されているウェブサイトを下記に載せさせて頂きました。

http://miki-dental.jp/miki-dental-staff-voice/2015/09/post-950.html

 

2. 舌の筋肉の未発達

舌の筋肉の未発達は顎の成長不足に繋がり、叢生(乱ぐい歯)などの歯並びになるリスクを上げます。

 

3. 親の影響

親の影響は、歯並びの遺伝だけではないのです。

赤ちゃんの頃から、子供はずっと親の話し方、食べ方を見て育ちます。よく唾液の飛ぶ親の子供は、同じく唾液の飛ぶ話し方になりやすいようです。さらに、現代は柔らかいものを好んで食べる傾向にあり、口元の筋肉が緩み、ポカンと開いた口で口呼吸をしてしまうと、それもまた歯並びに影響する悪循環です。

 

以上の理由から、よく唾液の飛ぶ人は歯並びが原因であるのではないでしょうか。

歯並びと唾液、関係のないように思われますが、臨床的に口腔内を見てみると、唾液が口腔外まで吹き出すことが時々見られます。口腔内には3つの大唾液腺と多くの小唾液腺があり、大唾液腺から唾液が飛び出してくることが研究されています。その際に、前歯に隙間があったり(空隙歯列・正中離開)、前歯が咬み合わなかったり(開咬・下顎前突)すると唾液が飛んでしまいます。

唾液腺だけでなく、早口で話したり、唾液を飲み込む力が弱かったり、歯周病により歯茎が下がり、その隙間から唾が飛んだりすることも考えられますので、理由は様々です。

もし、気になるようであればお近くの歯医者さんを受診されてみてはいかがでしょうか。

 

関連画像(http://www.mouth-body.com/school/classes/saliva/O14001)

 

参考URL

https://musee-white.com/column/list/dr/mouth_breathing/ 

http://miki-dental.jp/miki-dental-staff-voice/2015/09/post-950.html

副院長の真由美です。

千葉市は今後30年間に震度6以上の地震が起こる確率が全国トップと報じられてしまいました。
そこで、診療中に大きな地震が来た時の対処や予め対策をとっておくことについてもう一度勉強しておこうということで、スタッフのみんなと錦糸町にある本所防災館に行ってきました。

JR錦糸町から歩いて5分ほどのところにある本所防災館は東京消防庁が防災の考えを広めるために広く開放している施設です。学校や自治会単位で来られる方も多く体験コースの予約はちょっと取りづらかったです。

今回私達が体験してきたものは
消火体験(消火器を使ってスクリーンの天ぷら火災を消す)
煙体験 (煙の充満した廊下を姿勢を低くして移動しながら非常出口から脱出する)
地震体験(ダイニングキッチンで震度7の揺れを体験する)
暴風雨体験(風速30メートル時間雨量50ミリの暴風雨をカッパを着て体験する)

IMG_1942

煙は安全なものを使っているとのことですが、実際は鼻や目に刺激のあるものだろうし視界が効かないというのはとても不安な事でした。

今回は地震が来るとわかっているので身構える事ができますが、突然やってきたら立っていることもできないし、倒れてくるものから身を守る事なんて無理なことだとわかりました。なので、家具などを固定しておくことの重要性を改めて感じました。

この日は偶然バーチャルの地震体験のできる起震車が来ていてそれも体験できました。
食器棚から食器が降って来たり目の前で家具が倒れたりで、かなりリアルな体験でした。

IMG_1936 (3)

その後岩澤ビルの避難経路の確認や非常持ち出し品の再点検をしました。

ここのところ大きな水害や火事もあり、これから台風の季節もやってきます。できるだけの備えをしておくことは決して無駄にはならないと思います。皆さんも、もう一度自分の命を更には大切な人の命を守る備えを考えてみてください。

いかがお過ごしでしょうか。小倉(弘)です。連日記録的な暑さが続いています。ちょうど夏休みに入られた方も多い時期で外出される機会も多いのではないでしょうか。ニュースにもなっていますが熱中症はとても怖いもので、場合によっては命にかかわることもあります。
 熱中症の対策としてスポーツ飲料はとても有効で、水分だけでなく失われた電解質も補給できます。ただし、気を付けて頂きたいのはスポーツ飲料には大量の糖分が含まれているということです。スポーツ飲料を少量ずつ長時間摂取することで虫歯になりやすくなってしまいます。そこで、スポーツ飲料を飲んだ後に水を飲む又はうがいをするなどのケアを忘れずに行うようにしてください。
 それでは体調にお気をつけて楽しい夏休みをお過ごしください。

こんにちは

第二土曜勤務の大竹です。

 

世界中のサッカーファンを魅了したロシアW杯も決定戦と三位決定戦の二試合を残すのみとなりました。

今回のW杯は、前評判のよくなかった日本代表の快進撃もありとても感動的な大会となりました。そんな日本代表で特に攻撃の中心となっていたのは、スペインリーグでプレーする乾選手と柴崎選手だったんじゃないでしょうか。

自分は昔から乾選手の大ファンだったので、ゴールを決めた時は本当に嬉しく誇らしい気持ちになりました。柴崎選手の芸術的なパスも見ていてわくわくするものがありました。

これは完全に職業病ですが、柴崎選手の試合後のインタビューを見ていて下顎前歯に凸凹があり少し気になってしまいました。世界に羽ばたくサッカー選手の歯並びを綺麗にしていくことで、そういった世界の舞台で更にかっこいい笑顔が見られるのでは!と思うと自分の専門とする矯正歯科のやり甲斐を勝手に感じました。

4年後のW杯も楽しみにしています。

柴崎岳