DSC04673                 

 先週末に、川崎で矯正治療を勉強している比較的若手の先生達を対象に講演会を開催し、ヘロヘロになりながらも講演をして参りました。

 そのために19日を休診にしてしまい申し訳ありませんでした。

 矯正治療をする上で一番重要な「診断」を下す上で必須な解剖学や口腔の機能についてお話ししてきました。

疲れましたが、やる気のある若い先生方と触れるのは、こちらもパワーを頂くようで、リフレッシュして来ましたので、今後も頑張ります。

DSC00945DSC00946

今日は、大学病院の矯正科の若手の先生方が、10人当院に来られました。普段は私の方が大学に出向いて

講義をするのですが、前回の講義が最後まで終わっていなかったので、急遽、狭い当院の医局を使って続きを

おこなった次第です。大学を卒業したあとの進路で矯正科を選択する学生がかなり前から一番多くなり、ご覧の

様に毎年10名前後の新人矯正医が私の出身大学でも誕生し、しかも女性の先生の方が多くなりつつあります。

ご存知の様に、矯正歯科治療は長くかかりますので、学生時代には殆んど教わらず、6 年間で大学をを卒業し

その後、1年間インターンとしてトレーニングしてやっと矯正の勉強が始まります。大学により違いはありますが

平均3~5年間の研修を重ねやっと半人前の矯正医が誕生 します。