院長です。

2017/4/27 :今回のテーマは、以前にも取り上げたこともある「いびき」についてです。昨今急に「いびき」のもたらす全身への影響がクローズアップされたわけではないのですが、各病院・歯科医院のホームページにその対処法についての記事や具体的な治療方法について様々な対策が掲載されております。確かにいびきをほおっておくと最近よく耳にする「睡眠時無呼吸

症候群」を惹起したりなど、たくさんの弊害を呈して参ります。もしご自分がかなりひどいいびきをかくようでしたら、いびき外来のある病院に行かれて検査・診断をしてもらうことをお勧めします。その後の治療については 検査をされた病院でも、開業している耳鼻科等の医院でも歯科医院でも構わないと思います。当院でもいびきの治療の相談は行っておりますので、お声をかけて下さい。ただし、当院では誠に恐縮ながら当院の患者様を対象に行っておりますのであしからずご了承下さい。今のところいびき防止の治療を当院で行っている方は2名だけですが

それなりの結果を出しております。効果の具体的な状況についてはまた、後日報告いたします。

さて、、3月に私が担当した回の続きについて触れておきましょう。なぜ小倉の先祖が小倉民部貞光かといいますと「さとみものがたり」に四代義豊には正妻とその他に側室が二人いたと書いてあり、うちの先祖以外の二人は義豊が討たれる前に自害し亡くなったが小倉の娘の方は、義豊がその才に惹かれていたらしく自害させず、城が焼け落ちる前に実家の方に逃がしたと記してありますが、父の話でもその娘が武家の出ではなく、お百姓さんの娘で義豊がその才に惹かれて側室として城に入った時も苗字もなくこれではまずいと考え、小倉のくらじょという苗字と名前を与えられ実家の父親の方も苗字・帯刀を許され、突然武家になってしまったということや、大変な才女で皆で自害せずに一人だけ逃げさせたこと、「小倉のくら女日記という書物を書き残しいまでも佐倉市の日本歴史博物館に残されているということなどから、父が代々聞き伝えられてきたことと、この本の内容が酷似していることからある程度の信憑性があるのではないかと思っております。(完)

 

 

 

 

 

      

 

こんにちは。米井です。

入学・入園等の新生活が始まり約2週間が経ちましたが、みなさんは新生活に慣れましたか?

私は子供が小学生になったので毎朝5時半起きをするようになり毎日眠気と戦っています(-_-)zzz

そして再びおぐら矯正歯科で働くようになり、前は小さかった子が素敵なお兄さん・お姉さんになっている事に毎週驚いていましたが、うちの子もあっという間に大きくなってしまうんだろうな~と静かになった部屋で少しさみしさを感じています。

去年から歯の交換期で前歯の乳歯が抜け永久歯の頭が見えている娘の歯をせっせと磨く毎日でもあります。新生活が始まり忙しいと思いますが同じくらいの年齢の子供をもつお母さん、子供たちのきれいな永久歯の為にお互い仕上げ磨きをがんばりましょうね!

 

 

 

 

こんにちは。ふじのです。

 

DSC_0011 (2)

 

今年のイースターは4月16日(日)です。

当院もイベントを行っています。

5つのたまごを探せ!です。 待合室に隠れていますので、見つけて下さい。

 

DSC_0005

プレゼントあります。お楽しみに!

 

DSC_0009

 

 

こんにちは 副院長の真由美です。

桜の季節 今年は開花から寒い日が多かった為かいつもより長く楽しめているように思います。

先週 お堀の桜を見てきました。風の強い日でしたがまだ散らずに頑張っていました。

FullSizeRender (3)

おぐら矯正歯科のお手伝いに来て下さっている先生方といつもランチに行っていたカフェレストランが3月31日で閉店になってしまいました。Mi-Oのなかのベルエポックというお店でしたが、院長は40年近くほぼ毎日通っていたようです。忘年会や新人歓迎会などにもよく利用していたお店でしたので とても残念です。
マスターのお料理の腕もさることながら ママさんの人柄の良さでいつも楽しくお食事ができていました。
量がとにかく多くて院長のお腹の出具合はこのお店で培われたものかと思います↘ 裏メニューにおぐら矯正歯科の為の”超激辛ナポリタン”というのがあって 新人の先生は皆この洗礼を受けてヒーヒー言いながらも、”辛ーい でもおいしー!!”と汗だくで召し上がっていらっしゃいました。

閉店前におぐら矯正歯科を巣立っていった皆さんも招いて下さって 懐かしい味に盛り上がりました。もちろん ”超激辛ナポリタン” も皆でヒーヒー言いながら美味しく頂きましたよ。

IMG_1403

 

IMG_4637

はじめまして

今年度より第二土曜日に勤務させていただいている大竹です。

千葉では、桜がちらほら散り始めているようですが、先日母から故郷・群馬県の桜の写真が送られてきました。

小学生の時、毎年この桜の下を通学していたのを思い出し、とても懐かしい気持ちになりました。

初心を忘れず、おぐら矯正歯科に貢献できればと思いますのでよろしくお願いします。