こんにちは。米井です。

先日、健康診断に行ってきました。子供もまだ小さいのでまだまだ健康でいないとと毎年受けるようにしてます。

今年の胃の検査はバリウムにしました…  いやぁ~、おいしくない。

今はいろんな味があるみたいで、友達はヨーグルト味を飲んだことがあるそうですがやっぱり美味しくないそうです。

しかし、美味しくないのにも理由があったって知ってましたか?

なぜ味をつけても美味しくないのかネットで調べていたらこんなことが書いてありました。

梅干しを見ると唾が出るように美味しくすると胃酸の分泌が活発になり、胃の粘膜にバリウムを付着させて造影検査をしたいのに胃酸がバリウムを粘膜から洗い流してしまうそうです。(他にも理由があるみたいですが。)

正しく検査するのに「落ち着いた状態」にする為…胃をあまり動かさないように食欲をなくさせる為に美味しくないのだということみたいですね。それでも少しでも飲みやすくする為に味付きもあるそうです。

そんな理由があるのなら頑張るしかないですよね(^_^;)

胃カメラもやったことがありますが、どちらもつらいですよね…。

いつかみんなが楽に検査を受けられるようになるといいですね。

 

こんにちは、中村です

最近ニュースで沖縄県での麻疹の流行が確認されましたね。

みなさん麻疹の予防接種はしていますでしょうか??

正直覚えていないという方も多いかと思います。

そのような場合は母子健康手帳で確認してみてください。

私は大学病院勤務時に麻疹の抗体検査をして、免疫がないことが発覚しました!

その後無事、麻疹の予防接種を受けました。

 

麻疹は毎年春から初夏にかけて流行が見られます。

麻疹は感染力が強いのが特徴で、手洗いやマスクのみでの予防はできないため、予防接種が最も有効な予防法と言われています。

国立感染症研究所によると、

麻疹のワクチン(麻疹・風疹混合ワクチンを含む)を摂取すると95%以上の人が免疫を獲得することができ、

2回目のワクチン接種をすることによりさらに免疫獲得の確率をあげることができます。

接種してから長い年月が経つと免疫も低下してきている可能性があるので、2回目のワクチン接種を受けることが予防になるとのことです。

平成2年4月以降(~28歳)に生まれた人は定期接種を2回受けていますが、

昭和47年10月~平成2年3月(28歳~45歳)までに生まれた人は定期接種は1回のみ

昭和47年9月以前(45歳~)に生まれた人は定期接種はなかったとのことです。

 

感染すると1週間~10日の潜伏期間を経てから、発熱・咳・鼻水といった風邪のような症状が現れます。

2~3日の熱が続いた後に、39℃以上の高熱と発疹が現れます。

 

妊娠中に麻疹にかかると、流産や早産を起こす可能性があるため、免疫がない場合は人混みを避けるなど注意が必要です。

妊娠中に麻疹の予防接種は出来ないので、妊娠を考えている方はぜひこの機会にワクチン接種を検討してみてくださいね!!

また、小さいお子さんがいらっしゃる方、心配ですよね・・・

麻疹・風疹ワクチンの定期接種は1歳からです。

しかし、任意の接種であれば1歳前からもできる場合があるとのことです。

どうしても不安な場合は、かかりつけの小児科でご相談くださいね!!

先日、友達が「歯肉の中にある歯石を歯医者さんに取ってもらう」と言っていました。

矯正の歯科助手しか経験したことのない私は、「え!歯肉の中に歯石!?」と驚きましたが、それに加えて「痛いらしいから麻酔もするかも」なんて友達は言い出すのです。

「こんなことってあるの?」と思い、ベテランスタッフに尋ねたところ、「あぁ、縁下(えんか)歯石のことね、麻酔するのもよくあることだよ」と教えてもらいました。

初めて学ぶ言葉と症状に私は興味深々で、治療を終えた友達に「どうだった?麻酔した?痛かった?」と、わくわくしながら聞きましたが、

「麻酔しなかった、気持ちよかった」と一言。予想していた反応と違っていたので、なんとなく気が抜けてしまいました。

 

縁下歯石は歯肉炎や歯周病の歯にできやすく、歯肉からの出血に歯垢が混ざり、黒い歯石ができやすいとのことです。

この黒い歯石を放置すると、口臭だけでなく、歯の根が溶けてグラグラと動揺し、最終的には抜歯することになります。

抜歯した画像を見たところ、頑固な歯石が歯にべったり。少し勇気のある方は参考のURLをご覧になって下さい。

この歯石は取り除く治療時間が長く、何回も通院する可能性もあるそうです。

健康的な歯でいつまでも食事を楽しむためには、普段の歯ブラシと定期検診が大事だと痛感しました。

歯ブラシのやり方に自信のない方は、ぜひ一度近くの歯医者に足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

参考URL

http://www.funasaka-dc.jp/caries/shiseki.html

http://haisha-yoyaku.jp/antenna/shiseki-black

昨年の9月に睡眠時無呼吸症候群-2を投稿いたしました院長の小倉です、患者の皆様には大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした.

お蔭様で、リハビリも先月末に終了し一段落となりました。まだ完璧とは言えませんが、なにせ、骨折( 左足のくるぶしのところと膝のすぐ下の2ケ所)は初めての経験だったもので、その痛みや不便さには、参りました。前回にも書いたように周りの人は勿論のことすぐ横にいた家内でさえ気付かない程静かな大怪我で、一瞬頭の中が真っ白になったもののすぐに立ち上がり、救急車を呼ぶのは大袈裟すぎると自己判断して私の出身大学の付属病院に家内に車で運んでもらいそのまま入院し、安静にしていなさいという方針で治療を続け18日たった後にやっと退院となり自宅療養となりました。ここで話はブッツリ切れるのですが、この事故の3日前にかねてから気にしていた睡眠時無呼吸症候群のお泊り検査をやったばかりでした。そして検査の結果がでたのですが。「重症の睡眠時無呼吸症候群」で敢えて数値は書きませんが、かなりのものだったので即日CPAPという呼吸補助装置が処方されました。じつは、そもそもうちの患者さんの中にも睡眠時無呼吸症候群の方が結構おられて特に成長期のお子さんが罹患していると、成長・発育に影響を与えているという事が私たちの調査でも明らかになりつつあるので、できればいびきを毎晩かくかたやいつも頭がシャキッとしないなどの症状がある方は1泊の検査をお薦めします。今回私がこのPSG検査を受けた理由は、半分は自分の状態が知りたかったのと他にも患者さんに正しく、詳しく説明できるようにするためでした。意外と検査は大変ではなく楽にできますので、興味がある方はご一報を。

こんにちは。ふじのです。

 

当院でもイースターの飾り付けをしています。

DSC_0015

DSC_0008

患者さんから『イースター』とは何ですか?と質問されたんですが、答えられなかったので調べてみました。

『イースター』は復活祭を意味します。

十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが死後3日後に復活したことをお祝いする日として、

キリスト教においてはとても重要な日とされています。

 

卵(イースターエッグ)の意味は、命を生み出す卵は、復活の象徴とされています。

生命の始まりを意味する卵料理を食べ、卵をカラフルにペイントしたイースターエッグを飾ったりします。

うさぎ(イースターバニー)の意味は、多産と豊作のシンボルで、繁栄の象徴となります。

うさぎが、チョコレートで出来た卵を庭に運んでくるという言い伝えがあります。

 

2018年のイースターは、4月1日です。

3月21日を春分の日と固定するので、この日から最も近い満月の日を探します。

一番近い満月は3月31日。

3月31日以降の翌日曜、つまり最初の日曜日は4月1日になります。

DSC_0018

DSC_0010

何人かの患者さんから、今回は、イベントやってないんですか?と質問されました。

楽しみにしてくれている患者さんや兄弟・姉妹がいらしたので、ガッカリさせてしまいました。

次回のイベント考えています。

お楽しみに!