ランチタイム

こんにちは。副院長の真由美です。

先日、ニュースで横浜市の中学校の給食の時間が短い事が話題になっていました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190515/k10011916601000.html

そこで、ここ数日小学生の患者さんに給食の時間がどれくらいあるのかを聞いてみました。
一番短い子は”いただきます”から”ごちそうさま”まで15分というものでした。長い所では、40分というところもありました。
学校単位で決まっているわけではなく、クラスごとに担任の先生が決めていたりするようです。
15分で食べ終わるの?と聞くと終わらない時はそこで終わりで、残りを返すというところと、そのあとも5分くらいはたべていてもいいというところなど、それぞれいろんなランチタイムを子供たちは過ごしているんだなあと、感じました。

矯正では、小学生ではほとんどの場合まず歯並びを拡げていく治療からスタートします。デコボコの歯並びだったり、上顎が出ている、あるいは下顎が出ているなどいずれにしても歯並びを拡げてあげる必要があります。そして初めに上顎から拡げ始めます。歯並びはほとんどの場合下顎に上顎がおおいかぶさるようになっているので、上を拡げないと下が拡がらないからです。

固定式拡大装置

床タイプ拡大装置

そして上顎が拡がり始めたたお子さんに、”ごはんをよーく噛んで食べたらなんの装置も入れなくても下も拡がってくれるんだよ。それってお得でしょ?頑張って沢山噛んでごはんを食べてね” とお話します。確かに下には装置を入れずに済んでしまう場合もあります。

このニュースを見て、皆短いランチタイムに頑張って噛んでくれているのかなぁ。と、ちょっと申し訳ない思いになりました。朝食は、遅刻するから早く食べなさいと言われ(私もずっと子供達に言い続けていました)ランチタイムも短い 忙しい子供達。高齢者にはしっかり噛むことで、誤嚥性肺炎を予防したり認知機能の低下を防ぐなどの効果がだいぶ広まってきているようですが、お口の周りの骨も筋肉も発達している時期の子供達にこそゆっくりしっかり噛んで食事をとる時間が欲しいと思ってしまいます。

AAOに行ってきました

こんにちは。飯島です。みなさんは今年のGWにどこか行きましたか?私は5月3日からアメリカのロサンゼルスで開催されたAAO(アメリカ矯正歯科学会)に行ってきました!アメリカの学会に参加するのは初めてで、商社展示の広さの違いにまず驚きました。内容としては3Dをテーマにしたものが多かったです。型取りを口腔内スキャンで行ったり、コンピュータがワイヤーを曲げてくれたり、これから新しい技術がどんどん出てくると思うので、しっかり勉強していきたいと思います。

学会のほかに野球観戦もしてきました。ロサンゼルスといえば大谷選手のいるエンゼルスです。私が行ったときはまだ復帰していませんでしたが、日本人も多く来ていて大谷選手グッズも大人気でした。球場のあるアナハイムはディズニーランドに近いので、ミッキーも野球場バージョンでお出迎えしてくれました。

今回学んできたことを日々の診療にも役立てていきたいと思います!

平成から令和へ

こんにちは、中村です。

みなさん、GWはいかがお過ごしでしたか?

とうとう年号が変わり新天皇陛下の即位で、街は令和のお祝いムード一色でしたね。

始まる前は長いな~・・・と思っていた連休ですが、帰省や潮干狩り、映画鑑賞、子供達と日々の生活ではなかなか時間がなくできないこと (サイクリング、子供と一緒に料理など) をしていたらあっという間に終わってしまいました。

長かったGWも終わり、五月病にかかっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのような兆候がある時は、「焦らず」「無理せず」「少しずつ」を意識するのがいいそうです。私も、子供の小さな変化に気づけるよう、バタバタしないよう気を付けようと思います。

医院も先日から通常診療を再開しておりますので、何かご心配なことなどありましたらいつでもご連絡ください 。