一時期の猛暑の記録更新の日々は収まりましたが、まだ厳しい残暑の日があります。
今回は熱中症の応急処置について考えてみましょう。

熱中症は体内の熱を放散できずに脱水症状をおこす状態です。私たちの体は回りの温度が変化しても一定の体温を保つ機能がもともとありますが、それが追い付かなくなることでおこるものです。

熱中症の症状には段階があり、それぞれに対応が異なってきます。
  足がつる              軽度
  顔が赤くなる             ↑
  筋肉痛                |
  頭痛                 |
  大量の発汗 
  だるい  
  体温が上がる
  身体がふらつく
  吐き気
  皮膚蒼白               |
  呼吸困難               |
  けいれん               ↓
  意識がなくなる           重度

まず,意識がない 呼吸困難 けいれんなど重度であれば、すぐに救急車を呼びます。救急車が到着するまでにできることをあげてみます。

涼しい場所に移し衣服を緩めて 身体を冷やします。冷やし方ですが、首、わきの下、足の付け根に太い血管が表層にあるのでここを冷やします。氷嚢があればいいですが、外出先などでは代わるものとしては、冷えた飲み物(ペットボトルや缶)を濡れたタオルにくるんで当ててあげましょう。これら冷やせるものがなければ 身体に直接水をかけて扇いであげてもいいです。

寝かせた状態で救急車を待つわけですが、仰向けはいけません。もし吐いてしまうとそれがのどに詰まることになります。顔は必ず横向きにしてください。(熱中症にかぎらず意識レベルの低い人を寝かせるときは横向きが安全です)

自分でお水を飲むことができれば、スポーツ飲料 塩を入れた水などで水分補給をしてもらいます。少しづつゆっくり飲ませます(吐き気があるときに急に大量にのませると 戻してしまいかえって状態を悪くしてしまいます。このようなときも、救急車を要請した方がいいでしょう)

涼しい所で水分塩分を摂りつつ休憩しても症状がおさまらなければ、お医者さんに行くことをお勧めします。また、熱中症による高熱には解熱剤を使っても効果はありません。脳内の体温調節機構は正常だからです。IMG_0443

夏休みが終わって学校がはじまります。夜更かしになっていた一日のリズムを朝型に切り替え 朝ごはんもちゃんと摂ってくださいね。特に 朝ごはんでお味噌汁やスープなど塩分を含む水分を摂ることは熱中症の予防になります。良い睡眠も大事です。

やはり 早起き 早寝 朝ごはん!

 

夏休みも、いよいよ終盤にかかってきましたね。学生の患者さん達は、宿題の方は

大丈夫ですか。

私は、お盆に帰省してきました。と言っても千葉県館山市なので、千葉市から車で

1時間ちょっとと近いので、里帰りというには大袈裟なのですが、意外とお盆などの

風習が、残っているので大変な一面、興味深い事も多々あります。

現在では、それほど多くの家でやっているというわけではありませんが、昔からある

お宅では、迎え火や送り火、仏壇に茄子で作った牛や胡瓜で作った馬などの盆飾りなど

を未だに欠かさずしています。今年も13日の迎え火には、米藁を燃やして、その火に

向かって焼いた米・お水・抹香を振りまきながら、「やん米食い食い、お水飲み飲み

抹香嗅ぎ嗅ぎこの灯りにござらっしゃい」と大声で唱えます。

子供の時は、大声でセリフを唱えるのが恥ずかしくて小声になりよく父親に怒られた

事を思い出しました。

因みに、小倉家は、「里見八犬伝」で登場する安房里見氏の7代目の里見義豊の側近

を務めた小倉民部定光が解っている範囲でのル-ツとされています。西暦1500年前後

からの歴史ががあるようです。いくつか名前が出てくる本があるようですが、ここでは

1冊だけご紹介します。またお盆の風習に使ったやんごめ(焼き米)とお水を振り掛ける

のに使うみそ萩の束の写真も載せてみました。

とりあえず、私は嫡流の系統で長男なのでこの風習を伝承していかねばならないので

、毎年お盆には、どこにも遊びにいけません。

まだ、夏休みも少し残っています。もし興味があれば、自分の家のルーツを調べて

みるのも面白いかもしれませんね。

まだまだ、暑い日が続くようです。くれぐれも水分補給を忘れずに。

担当は院長でした。

 さとみの本

IMG_0439お盆の風習

こんにちは、ふじのです。

暑い日が続いていますが、熱中症には気をつけて下さいね。

明日、明後日は雨予報なので少しは涼しくなるといいですね!

 

8月13日(木)~16(日)まで夏季休診いたします。

 

皆様にお知らせがあります。

新しいスタッフが入りました。後日詳しく紹介しますので、お楽しみに!

 こんにちは!医長です。

暑い日が続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

学生さん達が日に日に、良い色にこんがりと仕上がってきております(^^)

楽しい夏休みを過ごしているのでしょうね!

 

さて、少し前のお話になりますが、勉強会に参加してまいりました。

ブログ

一列目左から:永田先生、Carl.F.Gugino先生、根津先生

二列目左から:戸村先生、勉強会に参加していた三人の先生方、私、文野先生

 

日本を代表する、すごい、すごい、すごい矯正歯科の先生方なんです!!

Carl.F.Gugino先生はアメリカの矯正歯科の権威でいらしゃいます。

私が尊敬してやまない先生方です。

この先生方の講演を受講したいと全国から矯正歯科医が集まります。今回の講演会も沢山の先生方が受講されていました。

今回の講演会の内容を日々の診療に生かせるように精進していきたいと思います!!