こんにちは。 ふじのです。

今日、関東甲信で梅雨明けしました。

6月の梅雨明けは、観測史上初めてだそうです。(平年より22日早いです)

暑さに弱い私は、夏の期間が長くなるのでcrying

 

来週は,暑い夏のたなばた☆です。 

当院も待合室に笹を飾っています。

笹を飾ってから1週間、将来の夢、家族の健康、憧れの人に会いたい、好きな人の事など・・・

皆さんの願い事が叶いますように。

 

DSC_0002

 

DSC_0015

 

 

8月の診療日休診日のお知らせ

8月11日() 診療日

8月12日(日)~16日(木) 夏季休診

 

夏休みの予約は混みあいますので、早めにご予約お願いします。

直前のキャンセル変更も予約が取りづらくなります。ご了承ください。

 

こんにちは、米井です。

皆さんは何か習い事をしていますか?

幼稚園から始める子も多く小学生では運動系・文科系+学習塾など平均2つ~3つやっているようですね。

20年前よりは通う数も増えているみたいで私のまわりでも忙しそうにしているお母さんがたくさんいます(送り迎えで)。

うちの子も年中になるので1つくらいと考えたんですが、むいていそうなのが思いつかず…(^_^;)

人気ランキングを調べました。

水泳…喘息対策や体力作り 英語…将来の必要性や小学校での必須化に備えて

ピアノ…情操・音感面 ピアノは親の希望なんて理由もありましたよ。

あとはサッカーや体操、書道も人気でした。高学年になると学習塾も増えてくるそうです。

錦織選手の影響でテニスも人気が出てきているようですよ。

ちょっと変わったものだとプログラミングなんかもありました!

うちの子はすべて却下!理由は「おうちに帰りたいから」です。

なので今週から幼児の通信教育を始めました。これならおうちでできます。

これから何かを始めようかなという方の参考になればと思います(⌒∇⌒)

 

こんにちは 中村です。

関東も梅雨入りとなり、ジメジメした日々が続きますね!

梅雨の季節、気になるのがカビや細菌の繁殖です。

湿気が多いので、いつもよりさらに注意が必要となります!!

約1か月使用した歯ブラシには100万個もの細菌が付着していると言われています。

その量はなんと!トイレの水の80倍!!!

聞いただけで寒気がしますね。。。

 

我が家の長男は3歳で幼稚園の年少なのですが、最近園でも歯磨きの練習が始まりました。

毎日歯ブラシを園に持っていくのですが、帰ってきて歯ブラシをチェックするときちんと洗えていないのか、

水分をしっかりふき取っていないのか若干臭います。。。

(本人に実際に歯ブラシを洗わせてみると、ブラシの先を水で濡らしただけで指でしっかり洗っていませんでした!!)

家で歯ブラシをするときは私が歯ブラシの管理をする為、管理方法を教えていなかったということに今更ながら気づきました!!

 

歯ブラシは使用後よく洗い、キャップをする前にティッシュなどで水分をふき取りましょう。

自宅で使用する場合はキャップはせず乾燥させておいた方がいいですね。

そして、1ヵ月位を目安に新しいものに交換すると安心です。

 

小さなお子さんをお持ちのお父様、お母様

これを機に、今一度お子さんの歯ブラシの管理方法を確認してみてください!

取り外し可能なプレートタイプの矯正装置も同じです。

口の中から外してそのままケースに入れて湿ったまま放置すると、細菌も繁殖しカビも生えます!

清潔に洗い、水分をしっかりふき取って管理してください♪

 

haburashi

院長の小倉です。

関東地方もいよいよ梅雨入りとなりました。ムシムシと暑い日中に引き続き夜間も不快指数はうなぎ登りの毎日です。

エアコンなしの睡眠など考えられない猛暑が予想されます。

さてアプニア・マスターの私としては快適な真夏夜を見事に制覇しております。

さすがに、白鳳の所属する相撲部屋の相撲取りは全員シーパップを愛用しているとか、どんな寝心地かは

また、近いうちにお知らせします。

こんにちは、歯科助手の加藤です。

今日は摂食障害の一つである、過食症について調べてみました。

 

まず、摂食障害になる方のほとんどが10~20代の女性です。

雑誌やテレビなどのメディアで見るモデルは、細いですよね。細い=スタイルが良い・美しいというイメージを小さい頃から無意識に抱く女性が数多くいます。また、家族や友人(特に男性の)に体型をからかわれると、心の内に少なからず傷を負います。

そういった美への誤った、若しくは過剰な認識から摂食障害を起こすきっかけになり得るのです。

 

過食症は摂食障害の一つです。過食症に高確率で伴っているのが、嘔吐です。

嘔吐を繰り返し行うと、歯が溶けると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

歯が溶けるのは、事実です。嘔吐時に一緒に吐き出す胃酸が歯を溶かします。

吐き癖がつくと手の甲に赤いたこができることもあります。

他にも、食道がただれたり、唾液腺が腫れ、顔がむくんで見えることもあるようです。

 

過食症の原因としては、主にストレスです。

家庭内でのストレス、仕事や勉強のストレス、ダイエットによるストレスなど、原因は様々です。

また、完璧主義者、人に悩みや弱みを打ち開けられない方、自尊心の低い方などは、摂食障害に陥りやすい傾向にあります。

 

人それぞれ立ち直り方は異なりますが、過食症の治療は本人の努力だけでなく、周りの協力も重要です。

本人がまず、症状の深刻さを理解して、吐かずに適度な量を食べるようしなくてはなりません。過酷なダイエットから過食症になった方は、そもそも健康でいることをなおざりにして美を求めてしまったため、健康でいることの重要性を感じて、それを改善するに至るまでが大変な苦労になると思います。

そして、家族や近しい友人若しくは恋人の根気強い協力も必要です。健康な人には理解に苦しむことも沢山あると思いますが、根気強くそばに居て話を聞くことが大事です。言動や行動を決して責めずに、受け入れて安心できる場を与えてあげることが大切です。

また、本人がストレスのもととなっている環境や状況を、カウンセラーに相談することも重要です。

 

当院の患者様は丁度10~20代が多いこと、大学時代に拒食症について勉強する機会があったことから、今回は過食症についてお話させて頂きました。

 

参考URL

http://www.sessyokusyogai.com/category4/entry47.html

https://h-navi.jp/column/article/35025717?page=2