感染症について

最近のニュースといえば、中国の武漢市を中心とした新型コロナウイルスによる肺炎ですね。例年のこの時期はインフルエンザのニュースが多いのですが、年明けてからテレビでインフルエンザのニュースを見ることが少なくなってきました。実は今年は暖冬の影響もあって、インフルエンザの流行度が一時的に低下したとのことでした。しかし、これはインフルエンザの流行が収束してきているという事ではなく、今後再び流行度が高まるだろうとの見解が出ています。

先日、「ここ何週間か小学校で水痘がはやっているんです。予防接種もしているけれど、いつかかるか心配で」というお母様がいらっしゃいました。インフルエンザやコロナウイルス、また他の感染症にと人が多い所に行くのが心配な方も多いと思います。

まずは自分たちで出来ることを。手洗いうがいやマスクの着用など、意識を持ってやっていきたいものですね。寒いと思ったら暖かくなったりと、体調も崩しやすいと思います。当院受診の患者様も体調不良などありましたら早めの連絡をお待ちしています。

新年明けましておめでとうございます。

皆様のお家でも、それぞれ素敵な新しい歳をお迎えの事と存じます。また、装置に問題は起きてないでしょうか。当院の新年の診療開始は1月6日(月)からです。トラブルが起きないように年末最後の調整はいつもより弱めにしておりますが、装置を着けてから初めてお餅を食べるなど大して問題にならない事でも,気になる事があるかと思いますが、なんとか工夫されて 乗り越えましょう。

昨年は、当院でもいろいろな「チェンジ」がありました。アシスタントのスタッフが2名退職し、代わりに2名のスタッフを補充し現在特訓中です。またスタッフドクターも1名退職し、2名の先生が加わり、最強のメンバーとなる様今年も切磋琢磨して頑張ろうと色々考えておりますので、宜しくお願い致します。お互い良い1年に致しましょう。

                     令和2年 元旦   院長